タグ:情報デザイン ( 1 ) タグの人気記事

日本の人口推移を知るインフォグラフィックス

まずは…こちらのリンク先をごらんくださいませ。

http://www.bowlgraphics.net/tsutagra/03/
a0001068_0514726.png
a0001068_0493749.png

1950年から10年刻みで2050年までの日本における年齢別人口の推移です。
これはいま、僕の思考の基礎になっているインフォグラフィックスなのです。
2050年はそう遠い未来ではなく、僕の娘たちが今の僕の年齢になる時代。僕は生きているか死んでいるか…まぁ、そんなあたり。
日本はこれから急速に[縮小(シュリンク)]していきます。

戦後の団塊の世代が生まれ、大人になるにつれ、学生運動を起こしたり、社会の価値観を変えていったように、これからは[縮小する日本]が、この国の価値観の変化にとても重要な役割を果たすのではないか…と、思っているわけです。

一方で、地球上の人類は70億人を超え、さらに増え続けるでしょうが、残念ながら日本は…日本民族は、このまま減少の一途をたどる運命にありそうです。

僕はいま、公共図書館という場所で働いているのですが、こうした[情報]や[知識]それに基づく[物語]を、きちんと利用者のみなさんに、提供できているのだろうか? …と、本当に不安でしかたがありません。このインフォグラフィックスも、すでに様々なカタチで統計データとして公開され提供されているにも関わらず、この動くグラフを見るまでは、僕自身もこんなに深刻な課題であることを把握できませんでした。

図書館は「聞かれなければ答えない」という受け身の姿勢が基本ではあるのですが…、どうやら、そうも言っていられない時代になってしまったようです。

地球温暖化、自然災害、放射能汚染…それぞれ重要な社会的課題ではありますが、どれか単独で考えるよりも、複合/マルチで考える必要がある。そういう素養を身につけることができる場所として、やはり「図書館」を定義し直さなければならない…と、思い始めているのです。

シュリンキング・ニッポン―縮小する都市の未来戦略

大野 秀敏 / 鹿島出版会


身近なダイアグラム―User‐Friendly Diagrams魅力的で親しみやすいグラフ・地図・チャート・図説・表組を特集

パイインターナショナル


[PR]
by maruyama_takahiro | 2012-04-20 00:49 | 情報デザイン | Comments(0)