タグ:災害防衛 ( 42 ) タグの人気記事

今の図書館は戦争を止めることができるか!

僕たちは、もはや小さなこと(失礼…)にこだわっている場合ではないのかもしれない。
貸出至上主義への批判も、指定管理者をはじめとする民間委託への批判も…それらのことよりも、実はもっと重要な事がある。それに気がついてしまうと、僕はもう後戻りはできない。そんな気さえする。

あの戦争の後、それまでの改正図書館令を改め、戦後の日本国憲法のもとで教育基本法が生まれ、社会教育法や図書館法が生まれた。また戦前から続く日本図書館協会は「図書館の自由に関する宣言」を発表し、その前文に

 わが国においては、図書館が国民の知る自由を保障するのではなく、国民に対する「思想善導」の機関として、国民の知る自由を妨げる役割さえ果たした歴史的事実があることを忘れてはならない。図書館は、この反省の上に、国民の知る自由を守り、ひろげていく責任を果たすことが必要である。

としるし、図書館が「思想善導」の機関として戦争に加担したことへの反省にたった宣言を掲げた。

そして戦後60余年の月日が流れているが、この国をとりまく状況は実はかなりキナ臭く、周辺諸国が跳梁跋扈する時代になってしまったのではないか…と危惧する中で、僕は自分にこう問い始めている

 「図書館は、その図書館サービスや図書館活動を通じ、この国が戦火に巻き込まれることを積極的に《回避》するための何らかの活動を行なうことができるだろうか?」

 と。たぶんこのまま事態が推移すれば、積極的な加担はしないまでも、むしろあえて何もしないという状況になりはしないか。

多少オカルトめいているかもしれないが、僕の中で一つの考え方が生まれたとき、インターネット上にも同様の考え方を持っている人たちが実はたくさんいることがわかってきた。
例えばこうだ。

 関東大震災:東日本大震災
 金解禁  :環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)

 その他周辺諸国の領土問題に対するちょっかい
 某国の東京急行ならぬ日本周遊飛行(しかも部品を落としたF15は飛行禁止?!状態)
 米軍と自衛隊の合同訓練(空中給油にFTC…)
 そして最近のサイバー攻撃!

TPP締結は不可避かもしれない。が、その後に世界規模の経済的危機が訪れることも一部では予測されている。

子どもたちの世代、さらに孫たちの世代ですら、そんな世界になることが想像に難しく無い。

だからこそ、人は先人たちの知恵から学び、多くの失敗から学び、同じ過ちを繰り返す事のない未来を築かなければならない。

そのためのひとつの拠点が「図書館」なのだ。
僕はいま、そんな想いを…持ち始めているのだが… 考え過ぎだろうか?

平和のための「戦争学」

松村 劭 / PHP研究所



それでも、日本人は「戦争」を選んだ

加藤陽子 / 朝日出版社


今、僕は…こっそりと、波風をたてない程度に、ひそやかに、沈々・森々とその準備に取りかかろう。弱い五十路の身である。残された時間はわずかかもしれない。

だが、勘違いめさるな。
夏休みの◯◯図書だといって悲劇だけを読んでみたところで、将来の厄災を回避することはできない。私たちは歴史から学べる力を持っているはずだ。図書館にはその経験が文字となり本となって蓄積されている。それを活かすも殺すも私たち図書館員次第なのだ。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-10-26 00:09 | これからの図書館 | Comments(0)

台風12号による大雨で…山中湖が大変!!

2011.09.04: 山中湖、増水中!(台風12号)


2011.09.03: 台風12号接近中の山中湖

[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-09-05 00:52 | 山中湖だより | Comments(0)

【おススメ】石井裕氏インタビュー(日経ビジネス Associe 2011年 8/16号)

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2011年 8/16号 [雑誌]

日経BPマーケティング



おススメです。特に図書館や情報に関わる方々には、ぜひこのインタビュー記事を読んでいただきたい。

p092 ロングインタビュー
石井裕
米マサチューセッツ工科大学メディアラボ副所長
震災を受け止め、ゼロから未来を創るために
若い世代とデジタル技術ができること


このインタビューの中にある(以下、引用)

“情報伝達の専門チーム、情報のハブになるコーディネーターがいてもいいのではないでしょうか。情報収集に長け、優先度づけの能力と権限を持ち、支援のない状況下でも通信を続けられる、ハードとソフト両方のスキルがある人を育てていくのです。”

 僕は図書館員がまさにそんなスキルを持った人材なのではないかと思っている。被災地で図書館を閉鎖せざるを得ない状況であっても、災害対策本部や避難所において[情報のエキスパート]としてのスキルを発揮できる…と。ただ、これまでのような[文献]や[書籍]中心であっては、なかなか難しい事も感じました。地域の方々の情報要求に応えるために、収集・整理・保存・提供を行なうライブラリアン。そんなビジョンを描き始めていたりします。

 それと、やはり「レジリアント(弾力性のある、回復が早い)」は、キーワードですね。

resilient
形容詞
1 〈物が〉はね返る;弾力のある;〈食物が〉歯ごたえのある.
2⦅ほめて⦆〈人性格などが〉(病気逆境などから)すぐに立ち直れる, すぐ元気になる, 快活な;〈動物樹木などが〉回復力のある.
resiliently
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-07-25 14:00 | おススメ | Comments(0)

災害と自衛隊

自衛隊vs.東日本大震災 (別冊宝島) (別冊宝島 1780 ノンフィクション)

宝島社


東日本大震災 自衛隊もう1つの最前線 (毎日ムック)

毎日新聞社


東日本大震災自衛隊支援活動100日全軌跡 2011年 7/23号 [雑誌]

双葉社



東日本大震災における自衛隊…いや災害派遣で現地に赴いた自衛官一人ひとりに惜しみない敬意を表します。これは正直な気持ち。

その上であえてこう言いたい。これはこの先50年後、100年後の未来において実現して欲しいビジョンがあるからこそ、あえてこう書きたい。

 「東日本大震災は、国防における敗北である」

自然災害とはいえ、国民の生命と財産を奪う脅威には変わりない。それを未然に防ぐ事もできず、またその後に対しても[防衛]はできていない。こと地震や津波に対しては『やられっぱなし』であり、『反撃』すらできていない。自衛隊が行なっているのは、攻撃を受けた被災者を救出することしかできていないのだ。

警察は犯罪が起きなければ動けない、消防も火災が発生してからの活動が主である。しかしながら我が国の自衛隊が他国の軍隊とは根本的に異なることとして、戦争が起きた時に活動する軍隊ではなく、「戦争そのものを起こさないため」に存在している。僕が学んだ時代においては「戦争が始まってしまった時点で自衛隊の役割は終わりなんだ」と。国民の生命と財産を奪う脅威そのものを「起こさない」存在。それが「抑止力」という言葉で表現されてきた。

そのような意味においては、東日本大震災は、3月11日の奇襲的先制攻撃に対して、なんら防衛措置は取れなかった。またその後の余震や全国各地で連鎖的に発生した小規模攻撃的な地震においても、未然に防ぐことはできていない。

これはなにも、地震そのものを「止める」ことを言うのではない。
むしろ、止めることができないのであれば、その脅威に国民が直接さらされないよう、避難させるとか、事前に災害からの国防を視点として教育活動が求められるのではないだろうか。

2011年の技術では、さすがに「地震を止める」ことはできない。
だからといって、「やられっぱなし」で本当に良いのだろうか?

ゴジラなら戦うのか? ガミラスからの遊星爆弾なら対抗するのか? なのに地震には立ち向かうことすら放棄するのか? …と、僕は問いたい気持ちを持っていたりする。今すぐに有効な手段を考えろというのではない。ただ今から始めれば50年後100年後の未来において、なんらかの成果が生まれるのではないか…と、そう考えているだけなのだ。

 自然災害から国を守ることも、国防のひとつではないか。

これは僕自身の素直な気持ちなのだ。地震においては、気象庁/国土交通省国土地理院(地震予知連絡会)/文部科学省(外郭団体である災害科学研究所)のように複数に分けるのではなく、国防の観点から自衛隊内に災害を専門に扱う専門組織「災害自衛隊」を、陸・海・空に加え四つの自衛隊で対処することはできないのだろうか?

災害防衛論 (集英社新書 (0416)) (集英社新書 (0416))

広瀬 弘忠 / 集英社

スコア:


[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-06-26 01:46 | 自衛隊 | Comments(2)

石井裕先生 in TEDxTokyo2011



MITメディアラボ副所長の石井先生によるTEDxTokyo2011でのプレゼンテーション。
先ほど終わったばかりなのに、すでに公式YouTube動画でアップされてます。

ぜひご覧ください。

AXIS ( アクシス ) 2009年 12月号 [雑誌]

アクシス


メディア・リテラシー―世界の現場から

菅谷 明子 / 岩波書店

スコア:


未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告―

菅谷 明子 / 岩波書店

スコア:


[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-05-21 18:42 | 日々是電網 | Comments(0)

MM9 [エム・エム・ナイン]

MM9

山本 弘 / 東京創元社



好きだなぁ〜こういうの。
考えてみれば、自衛隊がそうであるように、ウルトラマンの科学特捜隊だって、ウルトラセブンのウルトラ警備隊だって、公務員だよね。
何かとバッシング(?)されているところもあるようだけど、やはり公務員さんというのは、そういう存在なんだろうな。と、思わせてくれる作品です。

というわけで…ドラマ化されます。

【関連サイト】
 ・MM9
 ・MM9 エム・エム・ナイン [MBS公式]
 ・山本宏のSF秘密基地
a0001068_10134051.jpg


【こんなことも】
 ・http://twitter.com/mm9_pr twitterアカウント
 番宣だけじゃなく、番組と同時進行で何かが起こる…らしい。

次回作は…仕分けにかけられるとか、この業務が外部委託される…とか、民間のM駆除会社が登場するとか…だったら、おもしろいかも。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-07-03 10:02 | まるちゃんの趣味 | Comments(0)

気になるアニメ「東京マグニチュード8.0」

ちょっとばかり気になるアニメです。

 ・東京マグニチュード8.0
  毎週木曜日 24:45 フジテレビ

多くの方に、気にして欲しい内容です。

忘れていました。図書館で何ができるか...ということを。
地域を支える情報拠点である公共図書館が、災害の時に適切な情報提供ができなくてどうする。職場を放棄してどうする...そんなことを考えていた時期がありました。
今、私たちにできることを、もう少し突き詰めてみたいと思っています。
※それでも避難しなければならない事態になったら、ごめんなさいね※



陸上自衛隊とのタイアップポスター
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-07-30 19:12 | まるちゃんの趣味 | Comments(0)

中高生だけが利用できない公立図書館?!

山中湖情報創造館ではありません。

大阪のとある公立図書館の公式サイトにこうありました。
a0001068_20555520.jpg

新型インフルエンザ対応のために、休館するなら理解もできます。
新型インフルエンザ感染者に対する入館拒否であれば、いたしかたありません。

ですが[中高生である]という理由だけで、こういう対応はアリなんでしょうか?
感染はすでに中高生だけの問題ではないはずなのに...理解できない。

(支障があるのでリンクはしませんが...図書館の自由を云々する団体は、一言二言指摘されてはいかがですか?)

5.すべての国民は、図書館利用に公平な権利をもっており、人種、信条、性別、年齢やそのおかれている条件等によっていかなる差別もあってはならない。
 外国人も、その権利は保障される。


※年齢=中高生、おかれている条件=休校ということなんだけどね※
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-05-20 20:57 | 日々是電網 | Comments(1)

非来館型サービスのできる図書館

カレントアウェアネスによると、大阪・兵庫・滋賀の図書館が臨時的に休館している。

 ・兵庫・大阪の公共・大学図書館の新型インフルエンザへの対応
  http://current.ndl.go.jp/node/12855
 ・兵庫・大阪の公共・大学図書館の新型インフルエンザへの対応(2)
  http://current.ndl.go.jp/node/12865
 ・各公共図書館・大学図書館の新型インフルエンザへの対応(3)
  http://current.ndl.go.jp/node/12872

今までの図書館は、[無料貸本屋]と揶揄されようとも、来館し書架から本を選んでいただき、貸出処理をしてお帰りいただく...という来館型サービスに重点を置いてきた。
しかしながら、通常の業務においても、

 ・電話やFAX、メール、ウェブフォームなどでの問い合わせ対応
 ・電話やFAX、メール、ウェブフォームなどでのレファレンス対応
 ・ホームページを使った情報提供(情報収集、編集、発信)
 ・相互貸借(図書館館の貸し借り)
 ・宅配貸出/宅配返却に対応(送料実費負担)

などをしていれば、いざ閉館となっても、住民への図書館サービスは提供できると思う...のだが。こういう事態の際にこそ、地域を支える情報拠点たる公共図書館の真価が試されると思うのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-05-20 16:39 | これからの図書館 | Comments(0)

マスクが買えない

政府や地方自治体の対応云々というよりも、こういう生活者の場面で、混乱が起きるのです。

 ・マスクが買えない関連ニュース Googleニュース

ワクチンが無いとか、消毒用アルコールが無い...とかよりも、日常的に購入できたものが購入できなくなっているという状況の方が、一般生活社にとって焦りや混乱の原因になります。
記事によるとネット上では高額取引されているとか...。これはたぶんマスクを生産する医療品メーカーの対応の問題なんですけどね。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-05-20 15:52 | 日々是電網 | Comments(0)