タグ:Steve Jobs ( 1 ) タグの人気記事

Steve Jobs が図書館長だったら…

すでにご存知のこととは思いますが、Apple社会長 Steve Jobs氏が亡くなられました。56歳だそうです。AppleやSteveについて知っている人は、いつかこの日が来る事は分かっていました。ですが、やはりその日が来てしまうと…とても悲しいことには代わりありません。実はご本人は曹洞宗ということなので、「ご冥福を〜」でもよいのでしょうが、今はむしろ RIP(Rest in Peace)の方がよいかな…と。

そんな悲しみの中で、ふと…Steve Jobsが図書館長だったら…なんてことが頭をよぎりました。
Appleを創業し、Appleから追い出され、別のコンピュータ会社を創り、CG映画の会社を買取り、再度Appleに復帰し…iMacからiPod, iPhone, iPadを生み出すに至った…。そんな方が図書館長だったら…なんてね。

まず
その1:引き算の図書館経営
 不要なもの、ムダなものはとことん削減し、本当に取り組むべき事にリソースを集中した。これが図書館であるならば、どうなるのだろうか?
 DVDはムダ? CDはムダ? 児童書は? TEENS/YAは? ひょっとしたら文学作品なんてごっそり要らない…かも?
 まぁ、どちらにしても「コンセプト」や「ビジョン」がしっかりしていなければ、何を残し何を捨てるかなどの判断はできません。いうなれば、コンセプトもビジョンも無いから、あれもこれもといった「足し算」の経営になってしまう。それがたぶん悲しい結果に繋がるのだと思うと、 今本当に図書館が残すべきものは何か? を問う機会なのかもしれない。

その2:プレゼンテーション
 Jobs氏のプレゼンテーションは、本当に人を魅きつける魅力を持っている。それに関する図書も出版されている程。ただ…そのまま図書館に使えるだろうか?と考えると、大きな疑問がある。Jobs氏のプレゼンを見にくる人たちは、すでに何らかの情報を得、すでに何らかなお予測を建てて会場にいる。だから多少もったいぶることが、新製品/新サービスの登場を劇的にする。しかし図書館となるとすべてのオーディエンスが、何かを期待しているわけではない。そのような中で行なうプレゼンともなれば、当然異なる展開が必要であろう。

その3:カリスマ性とは言いたく無いけど…
 やはり人物として魅力的なんです。スターといってもいい。いわゆる芸能人だけがスターなのではなく、産業界/IT業界においてもスターは登場する。そんな人間的魅力を持っている…これはさすがに敵わない…なぁ。

 というわけで、いきなりですがこの本はおススメです。予定していた発売日を大幅に前倒しして出版されるそうです。Jobsが本当はどんな人物だったのか…僕たちは少しでもそこに近づきたいのです。

スティーブ・ジョブズ I

ウォルター・アイザクソン / 講談社


スティーブ・ジョブズ II

ウォルター・アイザクソン / 講談社


The History of Jobs & Apple 1976〜20XX【ジョブズとアップル奇蹟の軌跡】 (100%ムックシリーズ)

晋遊舎



機会がありましたら、ぜひご一読を!
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-10-08 01:54 | これからの図書館 | Comments(0)