自分が死んだ夢

今日、ひさびさに夢を見たことを思い出した。

夢の中で、今まさに死のうとしている自分を体験した。
病気なのか事故死なのか、はたまた自然死なのかはわからないが、痛みはなかった。
同じ部屋の中に、同じように今まさに死のうとしている人たちが何人かいて、それぞれの体から、すぅーっと抜け出す感じを、横目で見ながら(感じながら)、「あぁ次は自分の番だなあ」なんて思いでいたら、僕もすぅーっと抜け出す感じがした。

それは、とても不思議な感じ。
痛いとか怖いとかではなく、とても静かで安らかな感じ。その部屋のなかをゆっくりを移動して、他の人といっしょに部屋の外に出て...それでも見ている風景はいつもの変わらない町並みの中にいる....そこで目が覚めた。...ただ、それだけの夢。

かなり前だが、自分がふっと中に浮く夢を見たことがあったが、あのときは体があった。
(この夢の感じは、プールで体験できる。ちょっと深いプールの中で立ち、つま先でとんとんって跳ねながら浮こうとする感じ。それが地上でそんな感じになる夢。とんとんとんふー。「ほら、みてみて浮いたよ」って言いながら、「誰が押してみて」って背中を押させて、浮いている僕はそのまま、ふーっと地面の上10cmくらいのところをすべるように動いている。それだけの夢なんだけど、あの感覚をプールで再現したときは驚いた)
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-05-02 11:08 | ひとりごと... | Comments(3)
Commented by After内藤 at 2007-05-03 03:27 x
 幽体離脱かただの夢かの一番簡単な判別法は「自分の身体を見たか」なんだそうです。実際に幽体離脱していれば必ず自分の身体を見る筈なので、見てなければほぼ「ただの夢」なんだそうで。
 でもその「抜け方」とてもリアルですね。
Commented by maruyama_takahiro at 2007-05-03 11:11
ただの夢です。
もし、その部屋が、今住んでいる部屋だったら...ひょっとするかもしれませんが、何か教室のような、病室のような....そんな部屋でしたね。

...幽体離脱...ですか。
体験したい気もするけれど、「チョット、チョットチョット」...な感じです。
Commented by フォトボル at 2007-05-03 13:12 x
疲れていませんか? 夢が記憶に残るのは、脳が活性化されていると聞いたことがあり、休むことをしないと夢をハッキリと見ると記憶しております。
「気分転換、気分転換」か「チョット、チョット」・・・かな・・では。
<< 満月 - Sharing Th... 補助金 >>