ATV(全地形対応車)はなぜ公道を走れないのか

災害が発生する度に思う。
どうして、50cc以上のATVは公道を走ることができないんだろう。

 ・AVT 全地形対応車 Wikipedia

崖崩れや破損した道路等、舗装された道を走るようにしか設計されていない自動車では、走行不可能な場合も起こる。そんなときに、情報収集や救援物資の輸送などに活躍できると思うのが ATV 全地形対応車だと思う。

50cc未満であれば、第一種原動機付自転車として普通自動車免許以上で走らせることができるが、50cc以上になると対応する法律がないため、公道の走行はできない(それなりの手続き方法はあるようだが...)。

しかも、ATVメーカーは、ヤマハ ホンダ 川崎 スズキ と世界的にみても日本製がシェアの大半をしめている。にもかかわらず、国内の道路交通法では正規の手続きは難しいらしい。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-06-14 10:40 | ひとりごと... | Comments(0)
<< 平成20年 岩手・宮城内陸地震 地デジ時代の地震速報 >>