人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新規顧客開拓(図書館の場合...)

どうやら、今までの公共図書館においては、新規顧客開拓に対する優先度は、かなり低かったみたいだ。
図書館広告をするにあたって、いろいろと過去の事例を調べているのだけれど、これがさっぱり出会わないので...不思議を通り越して、ちょっと《何なの?》っていう感じ。

山中湖情報創造館が2004年4月に開館して以降においても、やはり千代田区立図書館がリニューアル時に行った広告しか見つけられなかった...
もちろん、新聞の折込だけじゃなく、電車の中吊りや雑誌広告や公共施設のポスターや看板や...もちろんワープロソフトで作成したチラシは見かけるのですが、広告としてデザインされ印刷され配布や掲示されたもの...という意味で「図書館広告」と定義している範囲のことですけどね。

図書館広告の目的は、1)まず来館者数を増やすこと。2)読書への啓発、3)社会教育への関心を高める...あたりがあるとおもうのだけれど、そんな基準で考えれば、こういう結論に至る。

 公共図書館における新規顧客開拓の優先度は低い

と。

※ちなみに...検索している中で「公共図書館における広告事業」というものが多数ヒットするのですが、あれは「媒体事業」です。丁寧にいえば「広告媒体事業」。なので、図書館広告ではありません。ただ、館内にしてもウェブサイトにしても、広告を出す側からすれば、まずは来館者や閲覧者が増えていないことには、媒体としての魅力も価値も低いんですよね。
by maruyama_takahiro | 2009-04-21 20:15 | これからの図書館
<< The Hi-fi Sci-f... 図書館文化比較(論...じゃな... >>