人気ブログランキング |

<   2008年 12月 ( 91 )   > この月の画像一覧

5つのなぜ

世界的な金融危機/経済災害を受けて、2兆円を超える利益を出していたにもかかわらずこの一年で1500億円の赤字を出したことが、世界的なニュースになった「トヨタ」
怠けていた訳ではない。トヨタほど企業として質の高い商品を生産し、利益を出すためにカイゼンし続けている企業は、そう多くない。それほどの日々是カイゼンに取り組んでいただけに、今年の赤字はある種の衝撃を持って伝えられた。

そのトヨタには、「5つのなぜ」というものがある。
目の前を問題に対して、「それはなぜ?」と問う。そこから出てくる答えに対してもう一度「それはなぜ?」と問う。これで2回目。これを5回ほど繰り返すことで、問題の本質をより深く掘り下げて、本当に取り組むべき課題を明確にすることができる...というものだ。今目の前で起こっている現象に対する解決も緊急性を持って取り組まなければならないが、そこだけでとらえると問題は表面的表層的になりがちである。そこからさらに本質的な課題を見極めてその解決に取り組むことで、根本的な課題/本質的に解決しなければならない問題を明らかにすることで、課題解決に取り組む必要があるように思う。

そこでこれを「地域コンテンツ」に対して「5つのなぜ」で考えてみるとどうなるだろう。少し時間をかけて取り組んでみたい。

 僕はいったい何をしたいのだろうか
 (僕が気になっている《ことの本質》は何なのだろうか)

...と。

※「地域のコンテンツ」が豊かになる社会、「地域のコンテンツ」が豊かであることを実感できる社会にしたいと思っているのだが、それはなぜなんだろう...今はなんとなく、人の歴史観に触れることと、失敗も成功も地域における出来事を知ることからはじまるんじゃないだろうか...などということを、漠然とですが、感じていたりするのです。....実際に「5つのなぜ」で何が出てくるか、ちょっと楽しみです

---
緊急性をもって目の前に患者さんの治療にあたるお医者さんと、病気や怪我をしないためにどんな生活を送ったら良いかを生活指導したり、ライフスタイルを提言したりする人との違いみたいな気もします。すぐに求められているのはお医者さんなんだけど、でも根本的本質的な課題を明らかにそこに取り組まないと、お医者さんを増やしたところで、問題は解決しない...そんな感じかな。
by maruyama_takahiro | 2008-12-27 13:22 | ひとりごと... | Comments(0)

A message from John Lennon



日本ではいまひとつ国際的な協力体制がつくれずにいます....
OLPCのXOは、たぶん最高のネットブックです。
by maruyama_takahiro | 2008-12-27 00:32 | 日々是電網 | Comments(0)

Community Contents Center (コミュニティ・コンテンツ・センター)

とりあえず、このブログでは、日々丸山高弘が思いついた事を描き散らかしている。
その中には、いつか何かの名称で使われるんじゃないかな...使っていただいたらいいなぁ...的に、ネーミングやらコンセプトメイキングやら、時にはロゴマークづくりやらをしていたりする。

地域コンテンツのための活動拠点というイメージの名称として、こんなのはどうだろう

Community Contents Center
コミュニティ・コンテンツ・センター
(通称:ココセン)

僕としては、地域コンテンツを Local Contentsとか、Regional Contentsとかいう言い方ではなく、Community のコンテンツである...というイメージを強く持っている。なので、地域コンテンツセンターは、コミュニティ・コンテンツ・センターなのだ。

---
ついでに言えば、このココセンの活動で、インターネット放送/ポッドキャストなどを行うチャンネルを

Communith Contents Channel
コミュニティ・コンテンツ・チャンネル
(通称:ココチャン)

という。
by maruyama_takahiro | 2008-12-25 19:58 | 地域コンテンツ | Comments(25)

地域コンテンツが豊かである地域 2

「地域コンテンツ」が豊かであることで、実はいろいろな現象が起こり始める...と、予想している。

 1)地域に対する関心が高まる
 2)地域の本当の底力を持つことになる
 3)自分の足下と世界がつながっていることを感じられる
 4)地域に住まう人と人とがつながり始める
 5)そのつながりが、実はとてつもない力になる

等々...本当の意味で[市民が知ること]がとてつもない力になることを実感することになる。

私たちは過去の出来事に対してすら十分に知り得ていない。ましてや今どこで誰が何を決めているのかを知る事は...まずない。だからこそ、過去に対しても関心を持ち、その地続きである現在に対しても関心を持つ...そのためにも「地域コンテンツ」が果てしなく豊かであることが望まれる。
プライバシーや肖像権、著作権の問題はもちろん存在しているし、それらを無視するつもりはない。しかし、そのためにとらわれて何よりも大切な事が失われてしまうようなことがあれば、そこは戦ってもよいところではないかと、私は思っている。

「地域コンテンツ」が豊かであり人々が共有できる環境をつくることは、ひいては地域の力を高め、そこから国や世界の本当の力を高めることにつながる...と、思っているのだが...誇大妄想だろうか。
by maruyama_takahiro | 2008-12-24 23:19 | 地域コンテンツ | Comments(0)

地域コンテンツが豊かである地域

それは決していわゆる観光資源であるとか、風光明媚な土地柄であるとか...とは別の尺度で、「地域コンテンツ」が豊である「地域」は、豊かなのだ...ということが、いずれ判ってくる。
この金融危機(経済災害)が、仮に総理の言うように全治3年だとしても、その後のリハビリには10年以上はかかると思っている(日本のバブル崩壊後の失われた10年よりも治癒には時間がかかるとは思おうのだけれど...)。まさにそんな時にこそ、地域のコンテンツを豊かにしておく必要がある(...と、僕は考える)。

それは裏路地の写真でもいい、公園で遊ぶ家族の写真でもいい、あるいは絵やイラストや、その土地で作った音楽でもいいし、頑張って映画やショートムービーでもいい。その土地その地域に、どれだけたくさん人による多種多様な地域のコンテンツが生み出されることが、その地域の豊かさにつながっていく。

それは経済の治療やリハビリだけではなく、地域を見直すことへの治療でありリハビリにもなっていく...と、思うのです。そういう意味で、僕は「地域コンテンツ療法」があるような気もしているんです。
by maruyama_takahiro | 2008-12-24 19:20 | 地域コンテンツ | Comments(0)

館長のお仕事....

2008年12月21日(日)の館長のお仕事

イベント開会のあいさつをして...
坪井美香さんによる「山中湖モ•ノ•ガ•タ•リ」を見届けてから...

Sharing &quot;Book&quot; with Childrenネイチャーゲームの図書館版「わたしは誰でしょう(クイズ)」をして

READ a big picture book大型の絵本を2冊読み

X'mas event 2008ギターを弾きながらみんなで歌を歌い

Chenging &quot;HENSHIN!&quot;内緒で着替えて

X'mas event 2008サンタクロースになりました。

※みんな来てくれて、ありがとう※
by maruyama_takahiro | 2008-12-23 17:13 | 山中湖情報創造館 | Comments(9)

地域コンテンツのレファレンス データベース

「地域コンテンツ」のカタログについて、もうちょっと具体的なイメージ。

図書館には、一般書籍の他に、レファレンスブック/レファレンスツールと呼ばれる書籍がある。百科事典や辞書、図鑑などの他に、日外アソシエーツなどの出版社が「レファレンスブック」として出版している本がある。それは、[見出し語]と[出典]が書かれている本だ。

例えば...ヒマワリなら、基本的な情報(学名、特徴など)と、何図鑑の何ページに、文字だけとか写真あり...などの情報が書かれている。いきなり図鑑を開くのではなく、どんな図鑑、どんな事典に記述されているかを知ってから、それぞれの出典にあたる...ことができるのが、レファレンス事典。日外アソシエーツさんは、実にたくさんのレファレンス事典を出版している。

これを地域コンテンツに置き換えると...

【安産祭】(山中湖村)
  まちミューガイドブック(山中湖編, イ)
  山梨大百科事典(P128, 写)、
 安産祭 平成20年9月3〜5日
  新聞 )山日新聞(H20.9.4)
  テレビ)6時のニュース(UTY, H20.9.3)
  テレビ)まるごと山梨(NHK甲府,H20.9.6)
  雑誌 )週刊◯◯ 2008.09.18 p64
  DA )http://www.flickr.com/photos/maru3/sets/72157611472472545/
  ブログ)まるさんブログ H20.9.3
 安産祭 平成19年9月3日〜5日
  |
 安産祭 平成18年9月3日〜5日
  |


...みたいな感じのデータベース。地域コンテンツのカタログは、【見出し語】と【その出典:メディアにどう表現されたか】の組み合わせでできるのではないか...と、思っています。

このカタログ(データベース)を検索した結果として、その[地域コンテンツの種=見出し語】が、これまでにどんなメディアに取り上げられてきたか...を示してくれるものとして考えてます。そこにはマスメディアもあれば地域メディア、市民メディア、公的機関のウェブサイト、信頼できる個人のブログなどなど...そうしたものをまとめられるといいなぁ...なんて考えているんです。
by maruyama_takahiro | 2008-12-23 13:34 | 地域の情報拠点 | Comments(6)

円谷英二資料

実相寺監督の資料もすごいが、こっちもすごいぞ

 ・円谷英二の功績を後世に/須賀川に文庫創設 福島放送

やはり、山梨県内でも[かの地]で資料館はできないものだろうか....
by maruyama_takahiro | 2008-12-23 10:00 | まるちゃんの趣味 | Comments(0)

実相寺昭雄資料

これはすごい...川崎市ってことは、あのミュージアムか? それとも資料館建設か?

 ・質も量も「ウルトラ」級 実相寺監督のお宝資料を寄贈 asahi.com

--
あのミュージアムだそうです。

 ・ウルトラマンの直筆画や台本など 遺品を川崎市に寄贈 中日新聞

【参考】
 ・川崎市市民ミュージアム
by maruyama_takahiro | 2008-12-23 09:50 | まるちゃんの趣味 | Comments(0)

これはもう激震災害の指定が必要

金融危機...なんていうあまっちょろいものじゃない...ようだ

 ・トヨタ関連ニュース Google ニュース

それによる

 ・「なんで自分がホームレスに」 派遣切り、急増の年末 asahi.com

これはもう経済災害...しかも激甚経済災害だ。
by maruyama_takahiro | 2008-12-22 21:10 | 日々是電網 | Comments(0)